占い師の女性
手のひらとホログラム

記事一覧

「新しく生まれてくる赤ちゃんの名付けなどに利用される姓名判断とは? 」の記事一覧です。

画数で占う姓名判断

夕焼けと水晶玉

皆さんは、赤ちゃんの名前決めに姓名判断が利用されている事をご存じですか?

そもそも姓名判断とは、人の姓名(苗字と名前)の画数からその人の運勢を占う占いです。
芸能人の中には、姓名判断に従って改名された人も多くいます(名前の最後に句点や読点を付けるのは、画数を調整するためなのです)。

姓名判断で占う内容は幅広く、人生の全体運に始まり家系の宿命、子ども時代の体力・知力、社会人としての才能や対人関係、そして家庭や職場における生活環境などを姓名の総画数により占います。
その中でも赤ちゃんにとって重要なのが、「子ども時代の体力・知力」です。

姓名判断において子ども時代の体力・知力に影響するとされているのが「地格」です。
地格とは姓名の地、つまりは下の方にある名前(名)を表し、その総画数により運勢が決まります。運勢は一般的に、大吉、吉、半吉、凶の4種類あります。当然、凶が最悪の運勢です。

何も考えずに赤ちゃんの名前を決めて地格が「凶」だと、姓名判断によれば未成年時の体力・知力が悪くなるとされています。
後になって「名前を決める時にしっかりと考えておけば」と後悔しないように、赤ちゃんの名前を考える時は姓名判断の占い結果も気にしましょう。

ただ、なかなか一筋縄ではいかないのが姓名判断です。地格を「大吉」とするように名前を考えても、残りの「総格」、「天格」、「人格」、「外格」の運勢が悪いと人生における様々な場面で悪影響が出ます。姓名判断でより良い名前を考える事には、なかなかに頭を使うのです。